LINE@の活用で再来店率が高まる

エリア(地域)の特性をしっかり把握して、そこのお客に役立つ店づくりを個店ごとに行うこと。それを全力で支援するのが資生堂の化粧品専門店政策の基本的な考え方だ。資生堂ブランドを通した化粧体験を、地域のお客に体感してもらうための資生堂と化粧品専門店の共同作業が新たに始まっている。

それを象徴するのがデジタルの活用。「クレ・ド・ポー ボーテ」「ベネフィーク」など資生堂が化粧品専門店に提供するブランドとお客をつなげるツールとして役立てている。「スマートフォンが生活の中心を占める中、専門店政策においてもデジタルとリアルの融合が極めて重要になっている」と資生堂ジャパンの前原啓二執行役員プレステージブランド/専門店事業本部エリア営業本部長は強調する。

この続きは会員の方のみご覧いただけます。