セミナーの実施を強化しカウンセリングの質を高める

日本の化粧文化は化粧品専門店が継承する。それをコーセーが四国徳島の化粧店専門店ひかりやとの取り組みで実証した。日頃から肌の手入れはマッサージが重要と説くひかりやは、コーセーが昨年10月に発売した「コスメデコルテ フェイシャル リファイニング マッサージクリーム」に感銘を受けた。そこで「365日お家マッサージが世界を変える」というテーマをもつひかりやを講師として、デコルテを扱う専門店と、コーセーの美容スタッフを対象にデコルテの商品の特徴とマッサージに関するセミナーや勉強会を実施した。その結果、岡山、中国、九州西、熊本地区の美容スタッフ研修実施支店では、19年6月までの月平均販売実績が3.3倍に拡大している。

「きめ細かい店頭でのカウンセリングを通してライン使いで化粧品を紹介するのは日本の化粧文化の特徴。そしてそれができるのは化粧品専門店さまだけで、そのお手伝いをするのが当社の役割だと思っています」(コーセー化粧品販売の藤原功常務取締役)

この続きは会員の方のみご覧いただけます。