化粧品専門店は、どのように進化すべきなのか。多くの経営者、後継者に忌憚のない意見を語り合ってもらったところ、専門店の現状と課題が浮き彫りになるとともに、活性化に向けたヒントにあふれていた。

信頼されるチャネルには依然としてなっていない

50代経営者(以下A化粧品専門店全体を俯瞰すると、このままではチャネルを越えた競争に勝てるのか疑問に思う。構造的な問題だが、有力店でさえ収益基盤が弱く、労働環境の改善が進められない。ヘアサロン業界の有力店の方が、よほど給与は高く、働き方改革も進んでいる。もちろん、専門店のビジネスモデルは地道な美容活動を続け、愛用者を積み上げるものだから、あまり変化を必要としないのかもしれないが、今後の人口減少を考えると、環境変化に対応していかなければ、化粧品専門店の存在は消えてしまうのではないか。

40代経営者(以下B)専門店は、お客さまにとって落ち着く場所。忙しい時は、利便性が高いドラッグストアを利用しても、いざという時は専門店に戻っていただける。ご高齢の女性客ほど、いつでも、気兼ねなく戻れる場所を必要としている。だから、信頼されること、安心を感じてもらえることを大切にしなければいけない。

全国の化粧品専門店の減少に歯止めがかからない

この続きは会員の方のみご覧いただけます。