課題解決に向けた即断即決が回り始めた

「どのように地域(エリア)のお客さまを健康に美しくして差し上げられるか。もう一度、その課題に向き合うことが求められていると思う。新しい専門店さまのあり方を是非ご一緒に考えさせていただきたい」。資生堂ジャパンの化粧品専門店に対する考え方は、前原啓二執行役員プレステージブランド/専門店事業本部エリア営業本部長のこの言葉に凝縮される。それは資生堂ブランドを通じた化粧体験を、地域のお客に体感してもらうための資生堂と化粧品専門店の共同作業と言える。チャネルの流動化や企業型専門店の出現など、化粧品専門店を取り巻く環境が激変するなか、資生堂は商品と営業の両輪のサポート体制をより一層強化している。

この続きは会員の方のみご覧いただけます。