200万円以上の売上構成比70%を目指す

カネボウ化粧品では、取引店の売上改善・愛用者拡大を図るため、専門店政策「KCフェニックスプラン2025」に取り組んでいる。背景にあるのは化粧品専門店の減少。カネボウ化粧品の取引先でも、高齢化や後継者不足などの課題により年間約500店が閉店している。そのほとんどが、総店舗数の半分以上を占める中低位店であるが、対象店舗の早期の売上改善・売上拡大は生死を分かつ最重点課題となっている。

この続きは会員の方のみご覧いただけます。