アンファーと落合陽一氏率いるピクシーダストテクノロジーズは、共同開発した超音波ヘアデバイス「Sono Repro(ソノリプロ)」の製品発表会を11月10日に開催した。「ソノリプロ」は、アンファーの頭髪研究とピクシーダストテクノロジーズの超音波研究・技術を掛け合わせ、超音波による振動で頭皮を刺激する男性向けヘアケアデバイスだ。7月1日にMakuakeにて先行発売していたが、今回、SonoRepro公式サイト(https://sonorepro.com/)にて11月10日に発売。価格は13万7500円。

発表会では、アンファーの叶屋宏一社長が頭皮・頭髪のプロ集団であるアンファーの企業戦略やスカルプケア市場、発毛剤市場の動向を説明。「ソノリプロ」の発売を機に、改めて頭皮・頭髪のリーディングカンパニーとして商品やサービスの開発に力を注いでいくことを示した。

アンファー 叶屋宏一社長

アンファーが展開する薄毛やEDなど男性特有の悩みに特化した専門施設「Dクリニック新宿」の小山太郎院長は、同クリニックにおける非接触振動圧刺激装置による頭髪治療の実績が約300件にのぼり、患者からもポジティブな声が寄せられていることを明らかにした。

「Dクリニック新宿」 小山太郎院長

開発に携わったピクシーテクノロジーズの星貴之CROは、「ソノリプロ」の開発背景に言及。クリニックでの非接触振動圧刺激装置を使った施術に近い効果感を自宅でも提供できるよう家庭向けに小型化することで、薄毛に悩む生活者への新たな価値提供につなげる。7月1日にMakuakeにて先行発売。プロジェクト開始3分で目標を達成し、3日で当初予定分を完売。急遽リターンを追加し、応援購入総額2416万4250円に達し、目標を2416%達成していることも披露した。

ピクシーテクノロジーズ 星貴之CRO

最後に登壇したピクシーダストテクノロジーズの落合陽一CEOは、「超音波は2012年から研究を始めており、2022年で10年。このような節目の年にコンシューマー向けの製品を発売することができて非常に感慨深い。これをきっかけに超音波技術がより一層社会で活用され、デバイスのコストや製品コストが下がっていけばさらに研究が深まって、より社会に貢献できる。それが、われわれの使命であると思っている」と期待を込めた。

ピクシーダストテクノロジーズ 落合陽一CEO