インバウンドに陰りも見え始めている

2017年の化粧品市場は1兆6325億円(前年対比約7%増、経済産業省・生産動態統計)と勢いづいた。18年も各化粧品メーカーは軒並み増収増益が達成される見込みだ。市場全体を押し上げているのが、インバウンド需要。海外から日本への観光客は、18年1〜10月までの累計で前年比9.7%増の約2600万人(日本政府観光局推計)。その大半が中国人で、全体の約27%を占めている。

インバウンド売上げの大半は中国人が占める

この続きは会員の方のみご覧いただけます。