インバウンド需要の潮目が変わった

「中国人のお客様に長期的に当社グループの製品を使ってもらうためにも、我々はインバウンドに頼らない体制作りをしていかなくてはいけない」。コーセーの小林一俊社長は2019年度の上期決算会見上で危機感を募らせた。

少子高齢化で国内消費が鈍化するなか、化粧品と日用品業界は中国人を中心とするインバウンドの恩恵を受け近年成長を遂げてきた。ところが19年の年始を境に、好調だったインバウンド需要の潮目が変わり始めている。

この続きは会員の方のみご覧いただけます。