資生堂は、東日本大震災の風化防止や被災地の復興支援を目的に同社グループ社員を対象に三陸地域の特産品を販売する「東北うまいものマルシェ」を、資生堂汐留オフィスにおいて3月12〜13日の2日間にわたり開催した。同イベントは、「三陸地域の特産品の販路を拡大し、認知度をアップさせたい」と願う現地事業者と、「特産品を購入することで、少しでも被災地の役に立ちたい」と考える社員の双方の想いに応えるために2011年9月に初めて実施。13年より毎年開催している。

この続きは会員の方のみご覧いただけます。