資生堂は、10月1日の衣替えの日に先駆け、資生堂銀座ビルの花椿ホールにおいて「寒暖差セミナー」を9月26日に開催した。

セミナーは、2部で構成。第1部では、池袋大谷クリニックの大谷義夫院長が、寒暖差が体に与える影響について講義したほか、資生堂ジャパングローバルイノベーションセンターの村田大知研究員が、資生堂が敏感肌だと自覚している20~40代女性を対象に実施した調査や「寒暖差による肌荒れ」について説明した。また、美容家の岡本静香氏が寒暖差による乾燥の対策について解説した。第2部では、資生堂ジャパン アネッサ・d プログラム部 d プログラムジャパンGの兼井聡子ブランドマネージャーが季節の変わり目の寒暖差による乾燥から肌を守る美容液「d プログラム カンダンバリア エッセンス」を紹介した。

この続きは会員の方のみご覧いただけます。