資生堂は、岩手県大船渡市において今年で8回目となる「椿の植樹会」を6月6日に実施した。

資生堂では、「美しさを通じて人々が幸せになるサステナブルな社会の実現」を目指し、さまざまな社会課題の解決に取り組んでいる。東日本大震災復興支援においては、「化粧のちから」を生かしたビューティー支援活動を中心に、行政や地域とともに新しい街づくりをサポートする活動を継続。「椿の植樹」はその代表的な活動の一つだ。

杉山繁和社長

この続きは会員の方のみご覧いただけます。