資生堂は、今年で12回目となる「資生堂 女性研究者サイエンスグラント」の受賞者10名を6月11日に発表。その授賞式を7月5日に、今年横浜みなとみらい地区に新設したグローバルイノベーションセンター(S/PARK)において実施し、受賞者に各100万円の研究助成金を贈呈した。

「資生堂 女性研究者サイエンスグラント」は、次世代の指導的役割を担う女性研究者を支援することが科学技術の発展につながるという考えのもと2007年に設立。対象が化粧品関連領域にとどまらない幅広い研究分野であること、応募の年齢制限がないこと、研究を推進する目的であれば女性のライフイベント(出産や育児)のサポートなど幅広く使用できるといった特長がある。昨年までの受賞者109名のうち40%以上がその後昇進、昇格している。

この続きは会員の方のみご覧いただけます。