〝加齢臭〟を発見した資生堂が、今度は〝ストレス臭〟を特定した。

資生堂は10月2日、技術発表セミナーを都内で開催し、緊張による心理的ストレスが加わることで特徴的なニオイが皮膚表面から皮膚ガスとして放出されること、そして、その成分として2化合物を特定したことを発表した。

セミナーでは多くの人が聴き入った

この続きは会員の方のみご覧いただけます。