売上高1000億円の国内化粧品OEMメーカーの誕生が現実味を帯びてきた。国内最大手のTOAを傘下に持つ日本コルマーホールディングス(HD)は、2024年6月6日にカーライル・ファンドからトキワ・コスメティクス・グループ(以下トキワ)の全株式を取得すると発表。買収額は非公開だが、独占禁止法に基づく許認可をクリアしたのち、株式取得の手続きに入る。買収が実現すれば、日本コルマーHDの売上高は、TOAの635億円(24年3月期)、トキワの299億円(23年12月期)の合計で、930億円超になる。2番手を大きく引き離す圧倒的な企業が生まれることになる。

TOAは、化粧品の全カテゴリーの受託製造が可能だが、特にスキンケアとヘアケアに優位性がある。一方、トキワは、グローバルメイクアップ市場で重要な地位を占めており、開発製造品目で補完し合う関係になり得る。とりわけ、トキワはペンシル関係の製造ノウハウに一日の長があり、「他社が数年で真似できるものではない」(大手化粧品メーカー品質担当役員)。日本コルマーHDによる株式取得後、トキワおよびTOAは独立を維持し、別々の運営を行うことが前提になっており、組織再編などの予定はない。それでも日本コルマーHDの競争力が高まるのは間違いない。

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

ログイン