資生堂は4月1日、千葉県浦安市の舞浜アンフィシアターにおいて2019年度入社式を実施。今年、新たなスローガンとして“BEAUTY INNOVATIONS FOR A BETTER WORLD”を掲げ、資生堂の美容職、総合職のほか、イプサ、資生堂パーラーなどグループ各社の新しい仲間、あわせて851名を迎え入れた。

今年の入社式のテーマは、「私のチャレンジが世界を変える〜FOR A BETTER WORLD〜」。新たなイノベーションへ向けてのチャレンジセレモニーとしての位置付けだ。今年も新入社員全員が魚谷雅彦社長とのハイタッチで入場。会場に駆け付けた先輩社員も資生堂の新たな仲間を温かい拍手をもって迎え入れた。


魚谷雅彦社長とのハイタッチで新入社員が入場

この続きは会員の方のみご覧いただけます。