7年ぶりにリニューアルした「ラッシュニスタ」の大成功で、業績回復に拍車がかかったメイベリン ニューヨーク。2017年後半は新製品重視の戦略であったのに対し、18年前半は基幹製品を強化。より多くの消費者に製品の強みを理解してもらうことを第一に戦略を転換、メイベリンの価値は大きく高まった。

この続きは会員の方のみご覧いただけます。