フマキラーの大下俊明会長が代表理事を務める公益財団法人大下財団の主催するシンポジウム「デング熱媒介蚊―生物学から防除大策まで・夏季の国際的なスポーツ大会に備えて」が、7月13日、東京都中央区のベルサール八重洲で行われた。

この続きは会員の方のみご覧いただけます。