クライアントの羅針盤になりたい、と化粧品ビジネス専門コンサル会社「三愛ライフネット」の寺井英雄社長は力を込める。同社の化粧品ビジネスサポート事業の特徴は、社長を含む全社員が大手化粧品メーカー出身で、かつ業界に豊富な人的ネットワークを持ち、それを最大限に活かせること。インバウンド需要に湧く化粧品市場は、異業種参入が相次ぐなど競争が過熱気味。生き残りをかける各企業は「ユニークな商品がつくりたい」「処方開発のスピードを上げたい」「リニューアルを仕掛けて差別化を図りたい」など悩みが尽きないが、三愛ライフネットの資産を使えば、各分野のエキスパートと連携することで解決できる。寺井社長は「我々の強みは、コンサルと人材紹介を組み合わせることができること」と語り、次のように続けた。

「優秀な人材に丸投げするのも、正論だけを押し付けるコンサルになるもの嫌なんです。私たちはクライアントと一緒に実務に励むことで、共通の目標を達成していきたい」

この続きは会員の方のみご覧いただけます。