常識にとらわれない柔軟な施策でライオンの存在感が引き続き拡大

健康意識の向上やセルフケア意識の高まりを背景にオーラルケア関連はここ数年、堅調に推移してきた。2012年比で見ても、歯磨、歯ブラシ、液体、歯間クリーナーの4カテゴリーすべてが2桁成長。各社が行ってきた高付加価値戦略が単価アップにつながり、市場の成長を押し上げている。

この続きは会員の方のみご覧いただけます。