ブルーベル・ジャパンの公式オンラインストア「ラトリエ デ パルファム」が2018年4月にオープン、その売上げは当初のターゲットを大幅に上回り、毎月数字を伸ばしている。

このECサイトは、多数の取り扱いブランドについての情報発信と販売を兼ねていることが最大の特徴だ。デジタルの隆盛や市場の現状に照らしEコマースは時代の必然。ECの顧客ニーズが高まっていることもあり、さらにユニークな消費者体験を提供していく予定だ。人気ブランド1位はペンハリガンだ。ブランドの顧客が、検索により独自でECサイトを持つラトリエ デ パルファムに流れているようだ。2位はクロエ。3位はメゾン フランシス クルジャンと、ベストセラーを持つブランドが占める。人気商品については、1位にクロエ オードパルファム、2位にランバン エクラ・ド・アルページュ オードパルファム、3位にメゾン フランシス クルジャン アクア ユニヴェルサリス オードトワレ。正規の価格で販売する同サイトに顧客が集まるのは、何といっても実店舗がある信頼性と公式サイトであるという信憑性によるところが大きい。

この続きは会員の方のみご覧いただけます。