ブルーベル・ジャパンは、恒例のコーポレートイベントを7月10日にシェアグリーン青山にて開催した。今年は「フレグランス マルシェ(香りのスーパーマーケット)」をテーマに、多彩な香りを選ぶ楽しさを体感できるイベントを企画、フレグランスを日常の買い物のように身近に体感することがコンセプトとなっており、マルシェの各店舗を巡るように、来場者は特製バックを持ちながら、新製品のエリアやトレンドごとの香りのエリアに立ち寄れる仕掛けになっていた。花やグリーンで彩られた会場では、カウンセリングを行うパルファムソムリエールも含め、スタッフはマルシェを意識したエプロン姿で接客、イベントを盛り上げた。カジュアルに自由に楽しみながらも、昨今のフレグランスの香調のトレンドやまとい方などについて理解を深められるイベントであり、参加した百貨店関係者やメディア関係者からも高く評価されていた。

この続きは会員の方のみご覧いただけます。