ブルーベル・ジャパンが昨年5月から国内で取り扱いをスタートしてから、順調にファンを増やし続けている米国のフレグランスブランド「クリーン」がこのほど、「クリーンビューティコレクティブ」にブランド名を変更、新コンセプトを打ち出した。

そのコンセプトには三つの柱がある。まず、必要最低限の原料しか配合しないなどの「シンプル」。そして有害成分やグルテンなどを配合しないなどユーザーが安心して使えるという「信頼」、そして最後がリサイクルやビーガン(植物由来成分配合)など、人や地球に関する「配慮」である。

この続きは会員の方のみご覧いただけます。