香港デモの潮目が変わった。香港政府が2019年10月5日に施行した「覆面禁止法」を巡り、デモ隊の動きが活発化。それが化粧品販売に影を落としている。さらに香港政府にデモ隊の要望に応える姿勢がないことを受け、SNS上で不買運動を呼びかける動きも出現。香港の化粧品市場は予断を許さない状況になっている。

香港デモは、日本を含む世界中のプレステージブランドに強い影響を及ぼしている。デモの長期化、空港の占拠はもちろん、エレベーターやエスカレーターが破壊された地下鉄・旺角駅のように、香港市内はスーツケースを持って移動できる状況ではなく、ツーリストが激減。特に中国人はデモ隊からの暴力を恐れ、香港に足を踏み入れない。

この続きは会員の方のみご覧いただけます。