現地化が成功の近道

東アジア市場で日本の化粧品、日用品メーカーが成功を収める鍵は現地化と国内の企業力の二つの要因に尽きる。日本でブランド力があるからといって、それをそのまま海外に持って行っても売れるとは限らない。日本での企業力を前提に、その国に適したマーケティング活動や機動的な意思決定を行うことが求められるからだ。そのため各社とも組織を見直し現地化できる体制を整え、東アジア市場で商機を見出す動きが活発化している。

この続きは会員の方のみご覧いただけます。