ヒットの要因は新客獲得率と併売率の高さ

資生堂とポーラがアンチエイジング化粧品に「シワ改善」という新たな領域を切り拓いた。今年1月1日発売したポーラの「リンクルショット メディカル セラム」は、ポーラが独自に開発した新規成分「ニールワン」を配合。医薬部外品でないとうたえない有効成分(ニールワン)を「真皮に届ける」ことでシワ改善効果を打ち出したのが特徴。しかし、ニールワンは、いままで全く世の中になかった新成分ということで、市販後2年間の経過調査が義務付けられている。購入者を追及しやすいように、2年間は国内の百貨店を中心としたカウンセリング販売に限定。にもかかわらずリンクルショットは発売から6カ月で、約62万個、約87億円を販売。年間売上目標も当初の100億円から125億円に上方修正している。

リンクルショット メディカル セラム

この続きは会員の方のみご覧いただけます。