韓国の化粧品メーカー、アモーレパシフィックグループが今年2月、香港の小売りグループASワトソンと取引契約を結び、さらに多くのプレミアムブランドを扱ってもらうことで合意した。アモーレパシフィックはすでにASワトソンを通して、植物性スキンケアの「マモンド」、ヘアケアの「呂」、「ミジャンセン」などをアジア市場に投入している。両社が合意した背景には、win-winの関係をさらに強める狙いがある。

ASワトソンによると、同社での韓国化粧品の売り上げは、2015年以降、年率56%の成長を遂げており、昨年、欧州では122%の伸びを見せたという。韓国の化粧品は、ASワトソンの欧州市場で売り上げを高めるけん引力になっている。

この続きは会員の方のみご覧いただけます。