アートとビジネスの可能性を考える新連載の第2回は、「芸術屋」と名乗るアーティスト・角文平氏と現代版アートサロン「パトロンプロジェクト」の主催者・菊池麻衣子氏の対談だ。アーティストの価値がイノベーションの原動力であること、伝統工芸の技術革新を事例に、ビジネスシーンにおけるマニュアルの弊害を指摘するなど、二人の話は盛り上がった。

ファシリテーター
菊池麻衣子
(「パトロンプロジェクト」主催|写真右)
ゲスト
角文平
(芸術屋|写真左)

この続きは会員の方のみご覧いただけます。