https://beautytech.jp/

2015年ごろから、日本国内では、企業の生き残りをかけデジタル変革を経営者の視点で推進する「チーフ・デジタル・オフィサー(CDO=最高デジタル責任者)」の登用の動きがある。それは〝デジタルディスラプター〟と呼ばれる、デジタル技術を駆使して破壊的なイノベーションを起こすアマゾンのような企業と競争していく上で、伝統的なビジネス手法から、デジタル時代への変革が必須だからである。そして、それをリードするCDOという存在が不可欠なのだ。

この続きは会員の方のみご覧いただけます。