アイスタイル BeautyTech.jp 編集部

コンビニエンスストアの4倍もの店舗数があるとされる国内のヘアサロン。競争が激しいサロン業界では、大手クーポンサイトに頼りがちになる集客や価格競争、サロン経営の難しさがよく指摘される。そのなかで「独自の付加価値」を付けることで差別化を図るサロンや、アプリサービスでサロン業界のビジネス構造そのものを変えてしまおうと意気込むスタートアップが出始めている。注目の2社、「OCEAN TOKYO」と「Jocy」の取り組みを紹介したい。

「髪を切る」から「美容師に会いに行く場」へ美容室の概念を変える

この続きは会員の方のみご覧いただけます。