https://beautytech.jp

 

2019年の上半期、グローバル美容トップ企業がテクノロジーと事業開発分野でどのような動きだったのかを、今回は振り返ってみたい。

「ビューティーパッケージング(BeautyPackaging)」誌の「トップ20グローバル・ビューティー・カンパニー」の上位6社をピックアップした。1位から順にロレアル、ユニリーバ、エスティ ローダー、P&G、コティ、資生堂だ。それぞれ発表資料からの動向を見ると、世界の消費動向を動かすミレニアル世代に焦点をあて、ラグジュアリーとEC市場獲得ためのM&Aを積極的に推進したり、アマゾンなどのデジタル企業を意識し、リアルとデジタルをシームレスに融合するなどの施策が目をひいた。

この続きは会員の方のみご覧いただけます。