男性化粧品市場に活性化の兆し

機は熟したと見て、2019年5月16日、天猫国際にマンダム旗艦店がオープンした。販売するのは、ビフェスタ、バリアリペア、ギャツビー、ルシードの4ブランド32品だ。マンダムの海外展開は、1958年のフィリピンが始まりで、中国に現地合弁会社をつくったのは96年。日本の化粧品業界における海外進出の先駆者にしては、越境ECの活用が遅く感じるが、小芝信一郎取締役専務は「(企業理念に掲げている)生活者にお役立ちができる環境が整った」ことを理由に挙げ、満を持して天猫国際旗艦店の設置に踏み切ったと語る。

いよいよ天猫国際に旗艦店を設置。ギャツビー、ルシードで男性市場を狙う

この続きは会員の方のみご覧いただけます。