花王のファインファイバーが化粧品の領域を超えた

花王が開発した人工皮膚のファインファイバーが化粧品の技術開発競争を新たな次元へと引き上げている。それはまさに従来の化粧品の領域を超えて医療の分野へ踏み込んだことを意味する。

2018年11月に、基礎研究の成果として代表的な五つの技術イノベーションを発表した。澤田道隆社長は、「ファインファイバーの基になっているのは、花王の基礎研究」とその成果に胸を張る。現在、花王では50にも及ぶ基礎研究が行われており、当日発表された五つの技術イノベーションは、皮膚・繊維の基礎研究から生まれた「ファインファイバー」、健康・皮膚の基礎研究では「RNAモニタリング」、毛髪・皮膚の「クレイティッドカラー」、界面・環境の「バイオIOS」、環境・容器の「パッケージリサイクリエーション」だ。

この続きは会員の方のみご覧いただけます。