顧客と接する頻度向上に向けサービスを充実

いつでもどこでも化粧体験。化粧品メーカー各社が、スマートフォンを活用した顧客との関係性強化に着手している。これまでも店頭で機器を使った肌診断等を活用したカウンセリングを提供しているが、お客がその良さを実感できるのは来店時のみ。これを自宅でも感じてもらえる仕組みを構築するため、パソコンを通じた美容相談など、サービスの提供を試みてきた。ただそこには、例えば働いている女性が帰宅後にパソコンの電源を入れ、その前に座ってサービスを受けなければならないなど手間がかかる。このボトルネックを解消し、より利便性の高いサービスに対する潜在的なニーズを発掘できるのがスマホだ。

この続きは会員の方のみご覧いただけます。