アイスタイル BeautyTech.jp 編集部
公文紫都(副編集長 )


 

前回は、米国のD2C事例を紹介した。日本では「パーソナライゼーション」という軸で次々にD2Cブランドが登場している。スタートアップ各社は、D2Cならではの方法で、どう既存のマーケットに挑もうとしているのか。五つのブランド事例からその内容を見ていきたい。

この続きは会員の方のみご覧いただけます。