アイスタイル BeautyTech.jp 編集長
矢野 貴久子


 

実際にリアル店舗(オフライン)でビューティアドバイザーと会話を楽しみながら化粧品を買う体験、オンラインでさっと目当ての化粧品を買う体験。そのどちらにも良さがあり、オフラインとオンラインの購買体験をどれだけシームレスにし、豊かにするかを考える企業は多い。しかし、VR(仮想現実)は、その購買体験を根底から変えてしまうといっても過言ではない技術だ。スキーゴーグルのようなディスプレイを装着し、左右それぞれの画像で立体視ができる。自分があたかも違う空間にいるような体験ができるのだ。

この続きは会員の方のみご覧いただけます。