日本チェーンドラッグストア協会(JACDS)が主催する「第19回JAPANドラッグストアショー」が「ドラッグストアが支える地域社会の健康〜セルフメディケーションをもっと身近に〜」をテーマに3月15〜18日の3日間、千葉県の幕張メッセで開催された。約1400のブースが出展された。期間中に延べ12万4526人が来場した。

この続きは会員の方のみご覧いただけます。