「メゾン フランシス クルジャン」は、ブルーベル・ジャパンの展開するメゾンフレグランスの中でも独自の調香センスと世界観で創出されるアーティスティックでコンテンポラリーな香りが人気のブランドだ。

1995年にジャンポールゴルチエの「ルマル」で鮮烈なデビューを飾ったフランシス・クルジャンは、瞬く間に世界的スターパフューマーとしての地位を確立した。2009年にはパリに自らの名前を冠したブランドを創立し、ピュアで希少なエッセンシャル オイルを用いた洗練された香りのコレクションで人気を集めた。現在は全世界45カ国に進出しており、世界的にも注目度が高い。日本には12年に上陸。日本人好みの透明感のあるハイクオリティな香りが揃っており、百貨店香水カウンターでも人気を集めている。上陸以来急速に成長を遂げ、メゾンフレグランスの中でもその地位を確立してきた。

フランシス・クルジャン

この続きは会員の方のみご覧いただけます。