新世代の消費者を狙って、米国の化粧品小売業に二つの新展開がみられる。一つはインスタグラムフレンドリーストア、略してインスタストアの登場。ソーシャルメディアをうまく使いこなす若い消費者に、インスタグラムを使って結びつきを強めることを狙っている。

インスタグラムはスマホで撮った写真や動画をオシャレに加工して投稿、消費者にその効果を視覚的に訴えるメディアである。メイクアップやヘアカラー、ネイルカラーなどの微妙な色合いを、写真をみせることで認識してもらう。店舗の存在を知ってもらう手段としても活用できる。

この続きは会員の方のみご覧いただけます。