研究開発力の高さを証明する群を抜く受賞実績

2018年9月18~21日にドイツ ミュンヘンで開催された化粧品技術に関する世界最大の研究発表会「国際化粧品技術者会連盟ミュンヘン大会2018(IFSCC Congress 2018)」において、資生堂アドバンストリサーチセンターの江連智暢(えづれとものぶ)主幹研究員が発表した研究テーマ「皮膚のアンチエイジングシステムをターゲットした新たなスキンケア」が、533の研究発表の中で、口頭発表基礎部門の「最優秀賞」を受賞した。

高齢者の真皮(皮脂腺の周囲)に幹細胞が存在している

この続きは会員の方のみご覧いただけます。