アルビオンは今年4月から、化粧品専門店の可能性を広げる新たな提案となる新業態「アトリエ アルビオン」の本格展開に乗り出した。同社では、中長期経営計画として、2026年までにアルビオンの取り扱い専門店の中から、年商2億円以上の専門店を100店、1億円以上の専門店を200店、6000万円以上の専門店を300店つくることを目指した600店構想を進めている。その実現に向けて、お店の経営資源と店頭活動をアルビオングループのブランドに集中化・重点化してもらうことで、専門店の売上げと利益にも貢献することができるというのが新業態店の考え方である。

テイスティングスペース

この続きは会員の方のみご覧いただけます。