コロナ禍をようやく乗り超え、明るい兆しが見え始めたとたん、ロシアがウクライナ侵攻。世界中で、物価急騰、エネルギー危機、食糧不足が起こっている。欧州は当事者としてその打撃は大きい。それにもめげず、持続可能性・気候中立を加速させるための規制改革は進む。欧州化粧品業界ではどんな展望を持っているのだろう。6月15.16日にオンライン開催された汎欧州業界団体Cosmetics Europeの年次講演会からひも解いてみよう。

欧州では、あらゆる産業はEU(欧州連合)が提示する方向性に沿わざるを得ない。その方向性とはEU27カ国が「議論」を積み重ね、5年間あらゆる分野に横断的に関わる基本戦略だ。EU行政府のトップであるU・フォン・デア・ライエン氏が就任時(2019年末)に提示した現行のそれは「欧州グリーン・ディール」と呼ばれ、50年までに温室効果ガス排出実質ゼロ、30年までに90年比55%減を掲げる。緻密に積み上げられたデータを元に、詳細なアクションプランとロードマップが提示されており、製造業ばかりでなく、農業や地域、教育、研究開発、金融・財政など全ての分野における政策が同じ方向で一斉に走る。

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

ログイン