3年ごとにLGBTに関する調査(実際にはLGBTQ+調査)を公表している電通ダイバーシティ・ラボ。ここ数年でLGBTという言葉の認知が急激に高まっている。認知することからさらに一歩進み、LGBTが普通に暮らせる社会を実現するために、化粧品業界は何をすればいいのか。阿佐見綾香シニア・ソリューション・プランナーは、企業が取り組むインパクトを力説する。

この続きは会員の方のみご覧いただけます。