パルファム ジバンシイの快進撃が続く。メイクアップ、スキンケア、フレグランスと三本の矢で顧客開拓とブランド構築を進め、認知を広げている。マーケティングでもデジタルとアナログを自在に使い分け、狙ったターゲットへと効果的なメッセージを届ける。他ブランドを寄せ付けない「カッコよさ」を武器に独自路線を貫き、勢いに弾みをつける。

「売上げは好調でした。また、ブランドの認知もさらに広がっています」。昨年のジバンシイについて、岡田薫プロダクト&トレーニングマネージャーは、こう振り返る。クチュールブランドの雄として、高いポテンシャルを期待されてきたが、日本では雌伏の時も強いられた。しかし現在、内に秘めたパワーを一気に開放するように、エッジの利いたブランドとして、特に20代女性に支持を広げている。

この続きは会員の方のみご覧いただけます。