米中関係に本年は新たな火種が加わる。台湾問題である。

1月2日中国の習近平主席は年頭の特別演説で、中国大陸と台湾の「平和的な統一」を訴えた。それも、かつて台湾に対する政策を武力解放から平和統一に転換した「台湾同胞に告げる書」を出してから40周年を記念する式典の場でだった。

この続きは会員の方のみご覧いただけます。