日用品メーカー ― 2019 ― 新春トップインタビュー


 
高付加価値商品の投入で単価アップを実現

――2018年度は高付加価値商品の投入により市場トレンドの変曲点にしたいということでしたが、手応えはありましたか。

高原 本格的には19年から。ですが18年から始まり、来期につなげ消費増税の反動減にもしっかり備えたいと考えています。18年は、しばらく価格下落傾向が続いていたベビー用紙おむつや生理用品では、高付加価値商品を投入。お客様の購入商品のランクアップを図りました。小売業様の協力もあり、価格下落に歯止めがかかり、ベビー用紙おむつや生理用品のピース単価ではむしろ価格は上昇基調に反転している。来期の土台づくりはできたのではないかと思います。

この続きは会員の方のみご覧いただけます。