政治学者・東洋学園大学教授
朱 建榮(しゅ けんえい)


 

中国は、アメリカに対し、かつて真珠湾攻撃前の日本が直面したものと同じジレンマを持つことになってしまった。10月4日、ワシントンの保守系シンクタンク、ハドソン研究所で、マイク・ペンス副大統領が講演した。その内容は、太平洋戦争を引き起こすことになったアメリカからの最終通告ハルノートに匹敵するもので、中国にとってはショッキングなものだった。貿易問題だけでなく、経済問題全般、外交と軍備の拡張、人権問題、そしてアメリカへの内政干渉にまで及び、中国への厳しい批判だった。

この続きは会員の方のみご覧いただけます。