――日本でのビジネスに着手されて約半年です。マーケットの印象はいかがですか。

ベアゲル 非常に洗練されており、成熟したマーケットとの印象です。なかでもカウンターでの細かな接客が独特です。顧客も化粧品の知識が高く、エキスパートが集まる進んだ市場ともいえるでしょう。半面、流通においては開発途上の部分が残っています。一方で新たな流通モデルが登場しています。最先端と伝統の二つの側面がある市場ですね。

この続きは会員の方のみご覧いただけます。