ラ・プレリー ジャパンが好調だ。粟井佐知子社長が就任以来手掛けてきた現場の意識改革が浸透し、売上げ、客数とも二桁成長で推移している。外商などで新たな顧客層もつかんでおり、安定成長への土台づくりも進む。今年後半は、中核商材のリニューアルをテコにさらに勢いに弾みをつけていく。

粟井佐知子社長

この続きは会員の方のみご覧いただけます。