ライオンは7月30日、ダイキン工業が18年2月に発表した協創プラットフォーム「CRESNECT(クレスネクト)」に参加し、第1弾プロジェクトの「未来のオフィス空間」づくりを目指した取り組みを共同で企画・実証していくことで合意した。両社のほか、オカムラ、ソフトバンク、東京海上日動火災保険、三井物産が参加する。

この続きは会員の方のみご覧いただけます。