「日本一のドラッグストアになる」――。2014年、ウエルシアホールディングス創業者の故鈴木孝之氏が死去する間際に、イオンの岡田元也社長に託した言葉である。

ウエルシアはいまから約5年前はドラッグストア売上高ランキングで五指にも入っていなかった。だが、積極的な合併・買収(M&A)と新規出店であれよあれよという間にトップの地位に登り詰めた。ウエルシアは今後、トップの座を固めて、名実ともに業界のリーディングカンパニーとなっていくのか。今後のウエルシアの行方を占ってみた。

この続きは会員の方のみご覧いただけます。